中学受験の下書き/旧中学受験ラボ

おっさんが中学受験について語ったり語らなかったりします。

埼玉入試まで40日。合格に近づくための12月の過ごし方。後編。

f:id:jukenlab:20191125235536p:plain

最近、寒くなってきましたね。いよいよ冬が近づいています。今回は11月末~12月の過ごし方で気を付けること、をまとめました。健康管理はもちろんのこと気を付けることは多数あります。

 お子さまが6年の方はもちろんのこと、5年以下の方は来年以降に訪れる受験直前の過ごし方について伝わればなと思います。

前編はこちら

(1)~(6)は前編になので、(7)から

 

(7)学習面では新しいものを手につけない

受験直前に効く!〇〇問題集などを新たに買ってきてやらせる、とかやめてくださいね。今までやってきたもの、受けてきた模試の復習、過去問などを中心にやりましょう。イメージとしては、苦手や抜けがあるところを埋めていく感じです。

志望校であまり出ない単元は出たらあきらめるぐらいの対応や切り捨ても必要になってきます。時期的なあせりがでますが、1日よくわからないまま終わってしまうことは避け、少しづつでもいいので学力的に成果が積み重ねるようにこころがけてください。

 

(8)朝型への移行

これはやったほうがいいんでしょうが、うちはやれなかったですね。やっても数日前とか。今までの模試とかでも影響が出てないし、模試の開始時間と実際の受験の開始時間がほぼ同じだからウチの子には影響はあまりないかなと判断しました。

早起きは三文の得ですので、可能な方はやりましょう。

 

(9)過去問は点数ではなく失点の質を見極める

過去問、模試の点数が気になって仕方がないでしょうが、失点の質、内容を気にするべきです。ミスなのか、手も足も出ないのか、問題にひねりが入っているのか、正答率も合わせてみてみましょう。失点の質が不注意など悪い方向に変わってきたら要注意です。

 

(10)今までコツコツやってきた人も結構キツイ
コツコツ几帳面にやってきた方も精神的には結構キツイはずです。出遅れれていた人が追っかけてくるのが分かるので焦りがでるかもしれません。
親としては我が子への肯定的な声掛けを忘れずに。いい感じで勉強進んでいるはずです、一つ一つ前に進める感じで。

 

(11)複数の勉強を組み合わせる

過去問をやるときは元気で体力がある状態とマックス集中力でやれるようにする。疲れ果てた状態ではやらないこと。国語の知識系、社会の統計などは体力的にマックスでなくてもできる。短時間で片付けるイメージで。過去問などの重いメニューを漢字知識などの軽いメニューで挟むようなスケジューリングを。

 

(12)『食べる』そして『寝る』
体力的にも精神的にもキツイ時期です。勉強以外では、『食べる、寝る』も勉強と同じぐらい大事にしましょう。
『食べる、寝る』が出来ていない場合は注意、一旦負荷を下げること。食事は楽しんで食べられるように工夫を。

 

(13)息抜き
テレビ、ゲームなどの息抜きは時間をどれだけ区切れるかがカギ。普通にやるとダラダラしてしまいます。時間が経ったらコンセントを抜くぐらいの感じで。テレビはビデオに撮ってみると高速再生やCMカットができるので短時間で見られます。
池上彰の番組は時事問題対応として見てもいいですよ。

 
「参考になったよ」という方は応援クリックお願いします^ ^
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


難関大学への合格率が高い女子中高一貫校はどこ?またこの手の話で気になる〇〇の話

f:id:jukenlab:20191124180406p:plain


こんにちは。私立中学受験を考える場合、校風だけでなく大学への合格実績も気になるのではないでしょうか。エデュママリサーチで、

難関大学の現役合格率が高い女子中高一貫校

の特集を見つけたのでレビューいたします。エデュママリサーチの記事はこちら

合格実績の生データ

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/inter-edu/article/wp-content/uploads/2019/11/03bfeff7b7dd0ad803dfdd79662e053f.pdf

このデータからいろいろ分析していきます。

 

 

(0)はじめに

この記事では難関大学への合格実績が高い学校、今回データが得られた学校として以下の学校が上がっています。

桜蔭、鷗友、大妻、鎌倉女子学院、晃華学園、頌栄女子、女子学院、白百合学園洗足学園、田園調布学園、豊島岡、富士見、雙葉、横浜雙葉

有名どころで調査外なのではフェリス、浦和明の星、吉祥女子、横浜共立、共立女子、等々ありますね。

 

(1)大学群ごとに合格実績を調べた 

合格実績をカウントする大学を3つに分ける、それごとの現役合格率を調べる。

東大、一橋、東工大の首都圏超難関国立大学

 いうまでもなく、超難関国立大学、西の雄、京都大学を加えて、『東京一工』というくくりで集計することもあります。今回は首都圏限定で、3校ですね。

 

②早稲田、慶應上智東京理科大(早慶上理)の超難関私立大学

 早慶としてくくることもありますが、今回のくくりはトップ私立として早慶上理です。上智は文系中心、東京理科大は理科系学部のみです。多数の合格者が出ますが近年定員の厳格化で合格者総数が以前より減っています。

理科大合格者数>上智合格者数となる、桜蔭や豊島岡は理系に学校と言われているようです。


MARCH(明治、青山、立教、中央、法政)の難関私立大学

 知名度が抜群のMARCHです。学習院を加えて、G-MARCHというくくりもあるようですが、今回はMARCHのくくりで集計しています。 5大学とも文科系、理科系の学部がある総合大学ですが、青山、立教は理科系学部が少なく文系学部が大半をしめます。こちらも近年の定員の厳格化により合格者の総数が減少しています。それにより、以前より難化したという声が良く聞かれます。

 

(2)難関大学全体の合格率

(1)の①+②+③つまり、東大一橋東工大早慶上理、MARCHの合計合格率

ですが、上位は、鷗友女子、頌栄女子、洗足学園でした。

桜蔭、女子学院、雙葉、豊島岡はMARCHの受験率が高くなく、合格数があまり多くありません。MARCH以上と考えると、鷗友女子、頌栄女子、洗足学園が上位3校となります。もちろん中高での勉強量にもよりますが、これらの学校だと下位三分の一に入らない限りはMARCH以上の大学への合格可能性が高くなります。

 

(3)東大、一橋、東工大の超難関国立大学の合格率

まずこれらの現役合格率は以下のようになっています。ここ3年のざっくり計算です。

桜蔭:30%弱
・女子学院:20%前後
・豊島岡、雙葉、洗足が約9%前後
・鷗友、白百合、頌栄が約5%前後
・その他 数%以下

おおよそ中学受験の偏差値順というイメージです。桜蔭、女子学院、豊島岡、雙葉は医学部への進学者も多くいます。また桜蔭は入学時点から東大を目指す人が元々多いという特徴があります。

超難関国立大学を狙う場合には、合格率が約9%以上になる、桜蔭、女子学院、豊島岡、雙葉、洗足ぐらいに入っておくと、結果として超難関大学に合格する人が、桜蔭だとクラスに12,3人程度、女子学院だとクラスで9人、豊島岡、雙葉、洗足でクラスで4、5人ぐらいはいることになりますので、学校のレベルにはより事情はことなりますが、超難関といっても(あくまでも比較的ですが)身近な進学先ともいえそうです。

 なにがなんでも東大(一橋、東工大)という層も一定割合います。中学受験時に上位校ほど東大志望者は多いように思えます。あと国立大学は辞退する人が少ないので、合格者数と進学者数は近い数字になります。

 

(4)早慶上理の超難関私立大学の合格率

年度にもよるので、ざっくりですが上位から

桜蔭、頌栄、女子学院、洗足、雙葉、豊島岡、鷗友、白百合と続きます。

頌栄は現役合格者数が早慶上理合わせて300人弱とトップクラスです。

以前↓のような記事を見つけました。これは現役進学率ですね。

 頌栄、洗足、白百合中学受験では御三家の併願校となる場合が多いので、早慶上理への進学を希望する場合には中学受験時も候補に入れておいていいと思います。

学校内の順位的な話をしますと、大学進学実績の高い桜蔭、女子学院、雙葉、豊島岡では学年内で真ん中よりやや下。それ以外の頌栄、洗足、鷗友ぐらいでは学年の真ん中ぐらいの順位でも早慶上理に合格は可能です。ざっくりですが覚えておいてもいいかもしれないです。

以前、洗足の進学データを細かく調べたことがありますが、
合格者数は早稲田>慶應ですが、入学者数は慶應>早稲田になっていました。

合格実績ではない、実際の進学実績も書いてますので参考になると思います。

早慶上理 は国立大学と違って一人で複数合格する場合がありますので、実際の進学者人数が調べられる場合はそちらもチェックしたほうがいいです。国立との併願者は国立に合格すれば辞退することになりますので、合格者数と進学者数は差がでます。

 

(5)MARCH(明治青山立教中央法政)の難関私立大学の合格率

洗足>鷗友>頌栄>鎌倉女子学院、富士見

中学受験で難関校の併願校である富士見、鎌倉女子学園もMARCHには安定して多くの合格者を出しています。合計で100%前後(学年人数とMARCH合格者数がほぼ同じ)を出しています。早慶上理でも多くの合格者を出している学校です。

MARCHの場合は国立早慶など上位大学に受かると辞退することになりますので、合格者数と進学者数に大きな乖離があることが多いです。合格者数ベースだと早慶上理とMARCHで同じぐらいだがMARCH進学者がおもいのほか少ないというケースも多いです。

 

 

(6)最後に気になる〇〇の話

大学受験での浪人率は親世代に比べるとかなり少なくなっていますが、医学部や特定大学へのこだわりがある場合、浪人する割合が高くなります。

いつもこの手の話のときに気になるのですが、今回の調査は現役合格率です。じゃ浪人率はどうなの、浪人(既卒)を入れると変化はあるの?というのが疑問でした。

以前、いくつか調べたことがありますが…

・浪人(既卒)を入れても、現役のみでも合格する大学のレベル的にはだいたい同等になります。→つまり浪人世代の進学先は現役世代と大きく変わるわけではないということです。ただし浪人率は学校に多少かわってきます。

 

・浪人率は学校により違う

浪人率は学校により年度により違います。難易度の高い学校を志望する生徒の割合が高いほど浪人率は高くなります。結果として、中学受験時の偏差値が高いと浪人率は高くなる傾向があります。医学部や超難関大学を目指す人が多いという事情もあると思います。

ざっくりの浪人率は以下のような感じです。年度ごとにも違うので参考程度でお願いします。

桜蔭>豊島岡>女子学院≧雙葉>その他ですね。上位4校は医学部志願者が多い学校です。

 

桜蔭:25~33%程度

豊島岡:22~30%程度

女子学院:20~28%程度

雙葉:20~28%程度

他の学校他→10~17%程度
あくまで目安として考えておいてください。


(7)最後にまとめ

大きなくくりでいえば、中学受験の難関校は、大学受験でも難関大学に多くの合格者を出しています。ただ中学で必ずしも難関校でない場合にも早慶合格者を多く出したりMARCHに強かったりします。
 その学校の進学実績は学校のWEBで公開されていますので、その特長(国立志向、医学志向、早慶志向、MARCH志向)などを考えて、ご家庭の教育方針に会った学校を中学で受験するというのも手だと思います。

 今回上げた難関大学のうち、国立の東大一橋東工大、私立の上智理科大。この5校以外の学校は付属中学高校があります。中学受験時に付属に入り、内部進学で大学まで進むという選択肢もあります。最近は大学入試の改変によるリスクから付属人気が高まってきています。

 

 

 

『大学まで考えると先は長いよぉ~』という方は応援クリックお願いします^ ^
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


 

 

<2019/11/24 10:00更新>5年第2回志望校診断サピックスオープン難易度予想、SNS反応まとめ

5年第2回志望校診断サピックスオープン難易度予想記事を更新しました。

<2019/11/23 20:00>発行

<2019/11/23 21:00>受験ドクターの速報解説を更新

<2019/11/24 10:00>全体的なSNS反応を追加、コベツバ追加

記事はこちらです。


<2019/11/24 10:00更新>5年第2回志望校診断サピックスオープン平均点・難易度予想、SNS反応まとめ

f:id:jukenlab:20191123193932p:plain

<2019/11/23 20:00>発行

<2019/11/23 21:00>受験ドクターの速報解説を更新

<2019/11/24 10:00>全体的なSNS反応を追加、コベツバ追加

 

本日、11月23日は5年生対象の第2回志望校診断サピックスオープンが行われました。試験を受けられた方お疲れ様でした。

 

 前回9月に行われた第1回では平均点が通常年より高い258点となりました。今回はそれを受けての第2回となります。

 通常志望校診断サピックスオープンは210~230点の平均点で、組み分けの270点前後、マンスリーの290点前後と比較しても、このテストの平均点の低さは際立っていました。しかし前回260近くまで上がったこと。6年の合判テストの平均点も通常年より低めに出ることから前回よりも下がる、例年の平均点210~230を意識した展開になるのでは?との予想が試験前よりあがっていました。

結果はどうなったでしょうか?

 

SNS動向もまだごくごく一部しかでていませんが、前回よりは下がる傾向が見て取れます。ただ平均点210まで下がるという感じではありません。

<2019/11/24 10:00>

各教科ごとの傾向も出てきています。昨日より難化方向のコメントが増えています。

国語

物語文についてはなかななか難しかったようです。

春野先生もいってましたが、これを小5に読ませるか。という大人向けの文章。

全体的に記述が難しく、採点次第では結構厳しい結果も。

==

小学5年この文を読ませるか?と受験ドクター春野先生も驚愕。 家族を持ちながら若くして亡くなった息子。その息子が大学生のときに旅行でいった思い出の地を、残された親である老夫婦が訪れる。。。。

==

全体的に文章が難しく、設問レベルは高くはないが、記述は難しい。平均点予想は70を割ることはないが、80には届かない。SNS反応から少し難しめからの72前後を予想。記述の採点次第の面も。

 

算数

基本問題が中心だが簡単に取れるというものではない、平均点予想は半分の75点前後の予想。国語ほどの難反応はなし、国語の平均点は超えると予想。

 

中学受験コベツバが算数で解説記事、動画を出しています。

chugakujyuken.kobetsuba.jp

私が言うのもアレですが、解説記事はわかりやすく良いです。

基本レベル。95点分。応用レベル45点。発展レベル10点という見立ても受験ドクター解説と近く、今回のレベルはこの通りだったと思います。

 

解説動画も多くは登録など見ることなしで見られます。

1番(1)(2)(3)

2番(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)(9)(10)

3番(1)(2)(3)(4)

4番アイ

 

理科 物理分野なしだが、難易度としては通常レベル。出題されなかった物理が得意か不得意かで反応も変わってきている。前回と比較して難しいという反応も。

SNS動向からの平均点予想は50点台中盤。

 

社会 地理分野だけだが、A問題で細かい知識が要求される点とB問題が手も足もでない、全体として難化という声多数。 前回から難化。平均は50を大きく下回る予想。45点前後。

4科目SNS動向からの平均点予想は前回の258から下がると予想。ただし例年レベルの220までは下がらず、240点台と予想します。

 

科目ごとの動向は別途21:00にアップデートいたします。

受験ドクターは前回レベルとの予想ですが、SNS動向は下げている反応が多いです。ざっくり10点さげるとして、

4科目、248ぐらいでしょうか。

 

なお、今晩は受験ドクター↓のサイトでで20時より速報解説がありますので受験ドクター情報も合わせてアップデートしていく予定です。

 

<2019/11/23 21:00>受験ドクターの速報解説はこちら↓

 

 

 国語 春野先生

全体として、難易度は高い印象。

・漢字が難しい。
・物語。状況設定が複雑。息子を亡くした老夫婦、息子の思い出の土地を
訪れるという題材が小学生の問題としては衝撃的?
時系列をとらえるのが難しい。舞台設定が複雑なものは難関校に出やすい
最後の記述が難しい、部分点狙いで半分あれば上出来。
・論説。日本人がもつあいまいさ。
平均点は希望としては80点とってほしい。しかし75点前後と予想。それ以下もありうる。

 

理科 澤田先生
大問3問 地学、化学、生物。物理分野からの出題がなし。
複雑な計算が多い物理問題がないため点数は取りやすい。
ただ実験結果の考察の問題も。
地学:水害など、時事的要素もあり狙われやすい。
化学:実験考察が必要。質量保存の法則。
生物:実験の数が多い、正答率は上がりにくい。
テストの時間の使い方に注意。配点はA問題60点、B問題40点。
A問題39点、B21点。全体60点。良問ぞろい。

 

算数 亀井先生
A問題90点 B問題60点。難易度は例年通り前半一行問題も簡単にはいかないものも。これまでの定着問題がためされる。A問題は解けない問題を飛ばして解ける問題を解けたかがポイント。
[4]30度60度900度を使うと少し速く解ける。
[5](3)がやっかい。無理にとらなくてもよい
[6]お手伝いでお小遣いがもらえる面白い設定。前半が後半の誘導になっている。

平均点はA問題55点。B問題20点。合わせて75点と予想。

 

社会 安部先生
配点はA問題60点、B問題40点
Aタイプが細かい知識が必要。B問題が全体のデキを左右しそうだ。
3つの記述。知識というより粘って答えをひねる出す訓練が必要。
平均は50前後を予想。

 

全体まとめ 点数を気にするのでは6年に向けての指針にすること
マンスリー、デイリーチェックに注力を。

 

受験ドクター4科目平均点予想。

260点前後。255点~265点。

 

「参考になったよ」という方は応援クリックお願いします^ ^
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


 

埼玉入試まで40日。合格に近づくための12月の過ごし方。前編。

f:id:jukenlab:20191123045606p:plain

最近、寒くなってきましたね。いよいよ冬が近づいています。タイトルは40日になってますが、埼玉入試まで正確にはあと48日でした(笑)。今回は11月末~12月の過ごし方で気を付けること、をまとめました。健康管理はもちろんのこと気を付けることは多数あります。

 

お子さまが6年の方はもちろんのこと、5年以下の方は来年以降に訪れる受験直前の過ごし方について伝わればなと思います。

 

(0)学力としてはこれから伸びる

過去問の点数がまだ合格最低点に届いていない方も多いと思いますが、12月1月は学力が伸びる季節です。周りからは合格最低点に届いた、次は合格者平均点だ、みたいな声が聞こえてくると焦りますが、まだ時間はあります。

以前どこかでも書きましたが、ウチの場合、合格最低点に初めて届いたのは12月25日で、それも第4~5希望の学校でした。それがいいわけではありませんが、そういう人もいます。

 

(1)良くも悪くもあなたの家の受験スタイルは決まっている
学習面は塾中心に回して、母親がメンタル、健康管理とか。

塾では第1希望の学校別対策、家では第二希望以下の過去問とか。

家ごと子供ごとにある程度、受験に向かうスタイルがすでに決まってきていると思います。そのような状況で、突然変な横やりが入るとあまりよろしくないと思います。

たとえば、今まで子供の勉強に全くからんでいなかった父親とかが偉そうに首を突っ込んでくる、とかそういうのは避けたいですね。何か新規モノを投入する場合はリスクを考えてにしましょう。

今のスタイルをベースに微調整や改善を行っていくのがいいと思います。

 

(2)12月になると模試はなくなる
合不合やサピックス合判も12月の次回が最後です。模試がなくなると校舎の授業、

学校別対策授業、そこからの冬期講習、直前講習と続いていきます。

11月までのように文化祭やら模試やら複数のイベントが重なるということがないので、11月までのほうが忙しいと思うはずです。

なお日能研は12月末や1月にも模試がありますが、他塾の方は別に受けなくてもいいと思います。受けてもいいですが。

模試を受けるとテストと復習で1.5日ぐらい使ってしまいます。過去問1年分とか弱点補強に使ったほうがいいかなという気がしますが。

 

(3)親の重要性

11月以降、子供の学力は伸びます。勉強は教えなくてもいいですが、親はそのサポートをするべきです。


ただ受験関係でやらなければいけないことが多々あります。親がますます重要になってきます。

・受験のスケジュール管理。
・受験生の健康管理、成績管理、メンタルケア
・願書の入手や作成、出願。調査書の入手。
また、受験予定校の入試問題説明会がある場合は親が参加してください。

調査書の入手では学校の先生にコンタクトを取ります、学校側と良好な関係を維持するようにしてください。1月2月に休む機会が増えますので。

 

(4)1月校の目的を明確に

1月校は受けなきゃ損みたいな風潮がありますが、もう1月校は決めましたか?

受ける場合は目的をはっきりさせてください。

・経験を積む、合格を手にすることが目的で入学の可能性はないのか
・2月校の合否次第では入学の可能性があるのか

合格を手にすることが目的で入学の可能性がないならば確実に合格でき、対策のいらない学校を選んでください。入学の可能性があるなら、合格できるようにきちんと対策を練るべきです。入学する気がないところを数受けるのはおすすめしません。

1月校でもその学校を本命にしている埼玉千葉の子供は全力で挑んできます。油断してはいけません。

 あと多摩地区や神奈川で多いのですが、塾の先生が、成績上位者に対して通学できない渋幕の受験を勧めるというケースが目立ちます。塾の実績のためでしょうが、本当に受験する必要があるのかよく考えたほうがいいです。前泊とかすると、過去問1年分、前泊、受験日で最低でも3日使います。3日あれば本命校の過去問を3年分と復習ができます。苦手単元や復習に当ててもいいです。通学できない学校の受験を行うときには、その目的を考えるべきだと思います。

 

(5)インフルエンザや健康管理
言うまでもありません。きちんとしましょう。風邪を引いたら一旦勉強の負荷を減らし
回復につとめましょう。

体調を崩したら、『1月じゃなくてよかった、むしろラッキーと考えるべきです。』

受験がらみのことで不運なこと望まないことが起きた場合、ネガティブに考えるとさらに悪い結果に結びつきます。むりやりにでもポジティブに考えるべきなのです。

健康管理は、大げさなことはやらなくていいですが、免疫力がつくヨーグルトなどを飲むとか、小さな気遣いを継続してやることは良いことです。

それをやっているということで、大丈夫だという自己暗示をかけることができ、抵抗力になります。フラシーボ効果と呼ばれるものです。

また、気温が低くなってきます、重ね着ができる服装をこころがけましょう。

 

(6)不合格だったときの受験校は事前に考えておく
本命校に合格するなら何も問題はありません。喜んで入学するだけだから。
不合格が続くと受験は長期化し、精神的にもきつくなります。どの学校を受けるか、セーフティネットは親が準備するべきです。
A校だめだったら、B校>C校>D校と準備しておくことです。午後受験校、2月4日校5日校などです。6日以降だって受験できる学校はあります。

受けるかどうかは別にして、あらかじめ準備しておくことが大事です。

 

今日はここまで、また次回に続きます。

 

 本当に寒くなってきましたね、健康管理に気を付けてください。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


国語の試験はまず最初にやらなければいけないことがあります

f:id:jukenlab:20191122011406p:plain

国語は成績を上げることが難しく、時間がかかると言われています。たしかにそうですが、試験を受けるときにまずやるべきことがあります。何をやるのが良いでしょうか。

 

(0)開始の合図と同時にやることは解答用紙をみること。
・大問はいくつか
・記述は何文字程度で何題あるか。
・書き抜き、読解問題の分量

国語は他の科目より、解答用紙から得られる情報が多いという特徴があります。

まず解答用紙を見て、記述問題や抜き出し問題の量をざっくり確認し、問題量を推測しておくことが大事です。
これ試験開始で1秒でできるんだけどやってない人多い。

 

ではどうやって試験を進めれば良いでしょうか?

(1)知識問題の難易度
語句、漢字の問題が難しいときは絶対に注意。難しいのは周りの人にとっても同じですが、知識の問題が難しいと時間が取られるため、読解に影響が出る、最後まで解き終わらない確率がグッと高くなります。

 

(2)読解は一回できっちり読むこと
読解問題は時間があれば正答率はあがります。

これは試験当日とうより日ごろから意識することですが、

時間内で何点とれるか、1回の読みで頭に入れられるかが勝負です。

軽く2回読むより、1回できっちり頭に入れるような読み方を。

 

(3)選択肢でまよったら飛ばす
国語は時間がなくなる、足りなくなることが多いです。そして迷った場合はとりあえず書くより問題用紙に回答候補に印をつけておき、解答用紙に書かないでおくと最後に気が付いて戻ることができます。一度、解答用紙に書いてしまうとなかなか見直すタイミングがなくなるものです。

 

(4)記述問題は本文に書いてある内容を使う
たいていの記述問題は本文の内容をまとめたり、つなげたりすることで回答できるものがほとんどです。本文に書いてないことを書かないようにしましょう。

 

(5)書き抜き間違い
意外に多いのが書き抜き間違い。『1文を抜き出し、最初の5文字を書き抜きなさい』
のような問題で、写し間違いというもの。ひらがなとカタカナを間違ったり、送り仮名を間違ったり、本文を写すだけなのに間違ってしまう、意外に多いものです。

 

(6)自分の読むスピード
600字/分ぐらいで読めると読解問題はラクになります。朝日新聞天声人語が600字です。1分で読んで頭に入っていればなかなかのスピードです。

速く読むには線で読むというより、ブロックごとの面で読むというイメージです。日ごろから練習する必要があり、試験本番ではやり慣れないことをやってはいけません。

 

(7)できる問題から
どんな試験でもそうですが、国語でもできる問題から手を付けます。
漢字、知識問題が最後にまとまっているテストもあります。時間がかかる記述は最後に回しましょう。

 

(8)読みながら線や印をつける

接続詞に印をつけたり、ルールをきめてラインを引いたり読解問題は読むときにいろいろ書き込みながらやっている人が多いと思います。ただ書き込んだ内容が正しいかは微妙な場合も多いです。自分なりのルールを作るとよいでしょう。

 

(9)記述問題はレベルによる

記述問題の空白は避けたいところです、レベルにもよりますが、わからない場合でも本文のキーワードから部分点狙いで何かかけるようにしときましょう。

 
「参考になったよ」という方は応援クリックお願いします^ ^
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 


 

 

【午後受験】2/2午後と2/3午後に女子が受けられる学校一覧

f:id:jukenlab:20191120211259p:plain

午後入試特集の4回目。

今回は2月2日、3日の午後に女子が受けることができる学校です。

 

今までの特集はこちら。

【午後受験】2/1午後に男子が受けられる学校一覧まとめ - 中学受験の下書き/旧中学受験ラボ

【午後受験】2/1午後に女子が受けられる学校一覧まとめ - 中学受験の下書き/旧中学受験ラボ

 

【午後受験】2/2午後と2/3午後に男子が受けられる学校一覧 - 中学受験の下書き/旧中学受験ラボ

 

・2月2日

では、早速2月2日女子が受験可能な学校です。

目玉は2019年より午後入試に参入した香蘭です。元々2月1日午前のみという1回入試の学校でしたが、時代の波でしょうか2月2日午後に2科目で参入した伝統校。2019年も人気でしたが、今年はさらなる受験者を集めそうです。立教大学への関係校推薦枠が大きく約半数が立教大学に進学できるのも人気の理由です。

 

広尾学園東京農大一、都市大等々力、中大横浜、三田国際と午後受験常連校が並びます。2月1日2日は午後受験の選択肢が多いですが、上位校は共学校が多く、女子校はあまり多くありません。

また2日午後の特徴として、2教科、4教科入試が多いですが、1教科入試はあまり多くなく、富士見、大妻中野等となっています。

f:id:jukenlab:20191120222701j:plain

2月3日

続いて2月3日となると学校数がかなり減ります。三田国際のMST試験は『メディカルサイエンステクノロジー』コース受験で、試験科目は算数理科の2科目です。

2月3日午後入試は2月1日、2日の結果を受けての受験になりますので、直前に出願されることがほとんどです。

f:id:jukenlab:20191120222721j:plain

午前受験校の方が志望順位が高い場合がほとんどですので、対策も午前校を中心にしたほうがいいと思います。また、午前と午後の移動距離、交通機関にも注意しておいたほうがいいです。午後受験校への移動を先に行い、食事は軽いものにするのが基本です。

 午前、午後と受ける場合には、出願、受験、発表確認、出願…と次から次へのタスクをこなしていく必要があります。やるべきこと、スケジュールを一覧にまとめておくのが大事なことです。


午後受験、機会が増えるのはいいがイロイロ大変。応援クリックお願いします^ ^
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村