中学受験の下書き

中学受験ブログ。勉強法、過去問、志望校対策、併願校戦略、受験データ分析、模試平均点予想などを行っています。誤字脱字が多めです。

【中学受験】早稲アカ NN正月特訓・NN直前特講。1月受験直前期について語る。

早稲アカ NN正月特訓・NN直前特講。1月の最終ステージを語る

早稲田アカデミーの難関中学受験対策の看板コースが、NN(何がなんでも)志望校別コースです。その最終講座が、

NN正月特訓(12月30日~1月3日)と

NN直前特講(1月12日~1月26日)です。

 

(0)NN直前特講とは何?

・日程 1月12日、13日、19日、26日(全4回)30900円
・内容 午前中にそっくりテスト、午後にテスト解説が行われる1日朝から夕方までの講座です。午前中のそっくりテストは2月の本番と同じタイムテーブルで行われます。
結果はその日の帰宅時には帳票が配られ、最終日は2月入試に向けた簡単な激励会が行われます。

 

(1)最終段階であるNN正月特訓→NN直前特講

4月からのNN講座が行われていますが、その最終ステージです。
この時期のNNの雰囲気、アドバイスをあげてみます。

・友達が出来みんなで志望校を目指す
 早稲アカの生徒でも別々の校舎から集まっているので知らない同士ですが、この時期になると友達も増え、友達との絆のようなものも出てきます。
 早稲アカ生も外部生も関係なく、NNクラスとしてのまとまりも出てきます。あとクラスの昇降が多い人はどのクラスにも友達がいたりします。
 
 当然といえば当然ですが、志望校の文化祭・学校説明会では一緒になりますね。

・いろいろ現実が見えてくる場面も
 成績的に志望校変更を余儀なくされた人はもうNNの教室にいません。NN資格を取れずにNNに残留できなかった人もいます。
 またNN資格を継続できても、NNの下位クラスだと志望校合格できる人はごく一部の人に限られます。
 いろいろ厳しい現実が見えてきます。

・併願校は慎重に選ぶ必要がある
 上位クラスは合格率は高いですが、下位クラスはほとんど合格者が出ないという現実がわかってくる。あきらめるという意味ではないが、合格可能性が高くないクラスにいる場合には併願校を確実に取れるようにする必要がある。

 

(2)そっくりテストの成績

 合否はそっくりテストの成績に直結します。
 正月特訓と直前特講で全部で5回そっくりテストがあります。
 合格基準点、前年度のNN合格人数の枠内に入る必要がありますが、

 ・5回中4回以上入っていると基本的に合格します。
 ・2回か3回の場合には微妙です。受験当日の運だったり問題の相性次第です。
 ・1回だと合格可能性は高くなく、0回だと厳しい状況といえます。

 前年度合格者人数を基準にして、上位1/3に安定して入る力があれば合格は鉄板(間違いなし)というレベルで、具体的には前年度NNからの合格者50-60人ならば、20位以内をキープなら(受験なので何が起きるかわかりませんが一応の)安全圏といえます。

 注意点として、そっくりテストが悪かった時にがっかりしている表情を子供の前でしないようにしましょう。本人が一番わかっていることです。親としては、そんなときこそ明るく、子供が気持ちを切り替えらえるように仕向けましょう。

ここでの振る舞いが受験全体に影響を及ぼします。

(3)そのときウチの娘はどうだった?

 冬期講習は行かず、今までの復習、併願校の過去問に注力し、NN正月特訓→NN直前特講は受講しました。この作戦は良かったと思います。
 ウチは娘はNN正月特訓、直前特講時は行くのが楽しそうでした。友達もでき、授業も面白かったようです。
 NNのクラスは上位クラスにあがれそうで、あがれず、精神的にもキツイ状況が続きました。結果的には秋からは一度も上位クラスには行けませんでした。

 ちなみに、そっくり模試の5番勝負は3勝2敗。
 1月にNN講師と話をする機会があったのですが、NNでは事前に合格見込み人数をカウントするらしいのですが、ウチは合格としてカウントされているとのことでした。結果合格。不合格としてカウントされているなら講師も言わないでしょうね。
 

(4)困ったらNN担当講師、NN総責任者に

 NNオープン、合格判定模試試験時間中の保護者用説明会は出席してますか?結構、重要な話が入っているものです。

 あと直前の過ごし方やNN学校対策、勉強法等で困ったら思い切ってNN担当講師にコンタクトしてみましょう。
 ・NNの資料に担当講師の連絡先が明記されているはずです。
 ・勉強方法なら各科目の勉強についての相談→科目受け持ちの講師に
 ・NN総合的な話→NN責任者の講師に、がいいでしょう。

(5)さいごに

 2月1日まであと4週間です。子供は親の期待を肌で感じていることでしょう。子供も親もこの1月が正念場で精神的にもキツイところです。

 人にもよりますが。学力的な部分はもうやるだけやるしかないです、子供の学力はまだまだ伸びます。あきらめることなく最後まで走り切りましょう。


NNは楽しかった!応援クリックお願いします^ ^
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村