中学受験の下書き/旧中学受験ラボ

おっさんが中学受験について語ったり語らなかったりします。

入学してみると模試で合格可能性80%だった人あまりいない説の検証

f:id:jukenlab:20191027005106p:plain

昨日以下のtwitterをしたところ、いいねなどのかなり反響が大きかったです。

いろいろなつぶやきをするが、何がアクセスをあつめるのかいまだによくわかりません。

 

 少々びっくり。これ自体は中学受験では割と言われており、サピックスかどこかの資料でそんな感じのデータも見たことがありますが、手元に資料なし。

 これはブログで深掘りできないかといろいろ資料を探してみたら早稲アカの資料が出てきた。とある説明会資料。そのグラフがこれ。学校名は書いてませんが、四谷偏差値80%の偏差値65となるとある程度絞られると思います。

 

f:id:jukenlab:20191027005540p:plain

どうやら、合格進学者、合格非進学者(これは辞退者のことですね)、不合格者の人数グラフのようです。これを見ると合格可能性80%超の上位層に辞退者が多いようにみえます。

わかりやすいように表にします。写真だと合格可能性、80%、50%、20%の偏差値が65、59、55のようです。合格可能性が10%きざみになるように区切ります。

f:id:jukenlab:20191027022005p:plain

f:id:jukenlab:20191027022046p:plain

 

入学する割合だけを考えるなら、

『合格可能性50%-79%』の人のほうが『合格可能性80%』の人よりも高い。

と冒頭のツイッターと似た傾向が出てきました。入学者に対する模試成績合格可能性80%以上の人の割合はこのケースだと24%でした、いないという程少なくはなさそうで、4人に1人ぐらいはいそうです。逆にいうと合格可能性80%取らずに入学する人が4人のうち3人以上いる、というのは80%にこだわりすぎる必要はないかなと思わせますね。

 

また辞退率は合格可能性80%超える偏差値帯で高い割合で発生し、合格可能性が80%未満では15程度、合格可能性50%以下では10%と辞退率は下がると。

ま、だからどうしたというわけではないですが、少し面白いなと思いました。

 
わかっていながらも合格可能性80%にこだわってしまう人、応援クリックお願いします^ ^
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ