中学受験の下書き/旧中学受験ラボ

おっさんが中学受験について語ったり語らなかったりします。

【午後受験】2/1午後に女子が受けられる学校一覧まとめ

f:id:jukenlab:20191116000908p:plain

毎年参加校が増えている午後入試。とくに算数1科目入試など科目を絞った入試に脚光が集まっており、検討している方もいると思います。

ただ案外まとまっているものがなかったので、まとめてみました。

『2月1日午後』に『女子が受験可能』な学校を四谷大塚80%偏差値順にならべました。

午後受験についてはこちら

f:id:jukenlab:20191116002546j:plain

午後受験参考になったという方は応援クリックお願いします^ ^
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 


 

 

whotwiでツイートを分析してみた&最近の人気ツイート

f:id:jukenlab:20191114231930p:plain

私、中学受験についてあれやこれやtwitterアカウントでつぶやいておりますが。

自分のツイートを分析するサイトwhotwi( https://ja.whotwi.com )というのがあります。

今回はこれで分析してみたという話です。以前の結果はこれ。

 

んで、今回やった結果はこれ。

結構いろんなことが出てきてます。グラフィカルに表示されるので面白い。四谷とサピックスが大きな文字なのに、早稲アカ小さな文字になっているのは意外。日能研はなしかぁ。

f:id:jukenlab:20191114231935p:plain

 

ちなみに日能研の公式twitterアカウントを分析したものがこれ。

f:id:jukenlab:20191114232645p:plain

続きまして最近の人気ツイートはこちら

 

 

 

 

 


つぶやきは何が当たるかわからない、応援クリックお願いします^ ^
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

結構面倒!受験校決定~願書入手~出願~受験までの流れを把握しよう

f:id:jukenlab:20191114005053p:plain

受験の手続きは慣れてないと面倒で難しいです。

この分野は100%親の仕事であり、親の責任です。肝に銘じましょう。

だいたいの日程に沿って説明します。

(1)3か月前 11月
・受験校絞り込み
 塾での面談を経て受験校の絞り込みを行います。基本的にはある程度固まってきているのではないでしょうか?安全校・適性校・チャレンジ校をバランス良く選択することが大事です。また最近は、合格不合格によってそのあとの出願校・受験校を変えるケースが多いようです。

・入学願書入手
 受験可能性がある学校はすべての学校の願書を入手しましょう。
​学校入試説明会などで、無料で願書がもらえる場合もありますが、有料で学校の窓口で直接購入する場合や、郵送や書店などでも入手可能な学校も多いです。
 あとインターネット出願の学校では願書が冊子としてない場合もあります。

・手続き日程、提出書類を一覧にして作成する
 これが大事です。受験校ごとに手続き日程、提出書類、出願方法が違うので一覧にしていつでも見られる状態にしておくことが大事です。
 書き込む内容として、願書受付期間。出願手続き方法(窓口・郵送・インターネット)。提出書類。受験料、試験日時、合格発表等。
 募集要項や出願手続きは学校ごとに違うのでよく読むこと。

・提出書類は特によく確認
 通知表のコピー、学校記入または保護者記入の調査書、報告書等

・願書用写真撮影
 写真撮影の服装も準備しておくこと。予約をして写真を撮りに行くこと。

 

(2)2か月前 12月上旬
・インターネット出願の準備。ミライコンパスを使えるかの確認。
 学校作成の報告書が必要な場合、小学校の担任に依頼。受取日を考えて余裕をもって依頼すること。

・受験料の納付方法は?
 振込、現金、カード、コンビニ払い等々。

 

(3)1か月前 12月中旬以降

・願書の記入。

 まず必ず願書のコピーをとってコピーに下書きすること。電話番号は確実につながる番号を。出願。郵送の場合は、消印有効か必着かを確認する。

 インターネット出願の場合は入力内容をよく確認してから確定ボタンを押す。インターネット出願のほうが入力間違いが多いのです。

 家にプリンターがない場合は学校で借りれたり、USBメモリにコピーするなどして、
コンビニでプリントアウトすることもできます。

 

 手続きは思いのほか面倒です、応援クリックお願いします^ ^
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 

中学受験で『本番で強い人の特徴』と『本番に強くなるために意識すること』

f:id:jukenlab:20191113005706p:plain

本番で強い人っていますよね。

中学受験において、本番で強い人の特徴から、本番に強い人になるために心構えなどをまとめました。これから受験に向けて何かとプレッシャーがかかってきます。ぜひ、本番に強い人になりましょう。

 

・普段の生活や勉強でオンオフがはっきりしている
 本番に強い人というのは、いつでも一定というわけではなく勉強でも生活でもオンオフがはっきりしています。悪い言い方をすると、集中力がなくなって、全く頭に入っていない時間帯もあります。
 意図的にオンオフを切り替えられる人は強く、切り替えを意識できるとここぞというときに力を発揮できます。

 

・勝負どころを判断する・割り切りが明確
 いわゆる腹をくくる、というものです。国語で部分点も難しそうな記述問題をごっそり捨てて、抜き出し、選択肢問題で勝負するとか。
算数だと後半部分の難問はあきらめて、前半の1行問題に集中するとかです。解く問題を選択するということはとても大事ことで、この見きわめ、実際の受験ではもっとも大切なテクニックの一つです。どこに集中したらよいのかというのは慣れの部分も多分にあります。

 

・完璧主義者ではなくどこかルーズ
 オンオフや割り切りにも通じるところがありますが、完璧主義者や生真面目より、どこかルーズな人のほうが本番で強い傾向があります。
 完璧主義者や生真面目な人が本番に弱い傾向があるのは、予想していないことが起きたときに、軌道修正できない人、イレギュラーなことが起きた時の対応力が欠ける人が多いためです。

 

・緊張する場数を踏んでいる
 単純に場数を踏むとそれだけ本番に強い人になれます、経験も身につきます。
 初めてだとパニックになることでも、プレッシャーに慣れてくると、「はいはい、いつものことね」という感じになり、パニックになりません。落ち着いて対応できます。
 慣れというのは実力を出す意味で必要不可欠です。

 

・違う環境、勉強に不向きな環境でも実力が出せる
 大事ななテストというのは、いつもと違う場所で行われることがほとんどです。
 普段勉強している場所ではない場所で勉強すると集中力を高めるトレーニングができていると本番に強いです。雑音のあるカフェ、電車の中とか。

 

・普段の勉強でも時間を区切りプレッシャーに慣れる

 普段の勉強でも時間を測り、問題の横などにメモしておきます。時間感覚が生まれ、復習するときにも正答するだけでなく、短時間で正答することを意識できます。
時間を測るというのは本番に強くなる、という意味だけでなく受験勉強全体的に大切です。

 

大丈夫だ、問題ない、という自己肯定感を持っている
 自己肯定感、自分は大丈夫だという感覚や自信はなにより大事です。まだできていない、足りないところがある、と考えてしまうのは気持ちが萎縮してしまうため絶対NGです。ご家族もそういう声掛けをするようにしましょう。

 

・入学試験では変な問題も出ると意識する。
 模擬試験より本番の方がイレギュラーな問題が出ることが多く、場合によっては、悪問も問題も出るかもしれません。ただその問題を間違っても合否には影響しません。
 合否に影響するのは、その問題によってペースが乱されたり、慌てたりして、他の問題に影響が出てしまうことです。1問にひっぱられないことが大事です。

 

参考になったよという方は、気が向いたら、応援クリックして頂けるとうれしいです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村



第5回合不合判定テスト 受験ドクター解説・平均点予想やあれこれ

f:id:jukenlab:20191111220238p:plain

昨日11月10日に第5回合不合判定テストを受けられた方お疲れ様でした。

受験ドクターが速報解説をやっていましたので見ていきます。

その前に今回の合不合判定テストのSNSでの感想などをまとめたのが以下になります。割と取りやすく平均点は上昇しそうな感じです。

11/11 22:30更新、更新の最新版はこちら。

受験ドクターは主要模試の後に速報解説をやっています。看板の先生方のようです。平均点予想については結構微妙なところもありますが、解説はよくまとまっていて上手です。試験当日にライブで解説するあたり、さすがだと思います。やってみると思いのほか大変なはずです。もちろん、いい宣伝にはなってますね。実際、これを見て受験ドクターの個別指導を検討する人もかなりいそうです。

今回の解説動画はこちら。

合不合解説動画まとめ

この時期、焦らず、目の前にある課題を一つずつクリアすること。

・国語 春野先生

知識・漢字問題→7割欲しい。難しい問題はなし。漢字の意味を考えながら覚える。

論説文→説明文に近い。認知バイアスがテーマ。ウソにニュースに振り回されるのは何故か。実験を四角でくくると、整理しやすい。定義をきちんと押さえる。自分なりの大意の取り方を学ぶ。記述は根拠となるところに線を引きそれをまとめていく練習が必要。問9は難問。

物語文→サッカーという小学生に入り込みやすい話題。選択肢も簡単。一方記述は難しい。セリフと心情が食い違う問題は海城などを2番手男子校を狙う人は注意。
セリフを模範解答に使うのはアウト。抽象的な概念に落とす、セリフでない言葉で書く。

全体→標準的な良問ぞろい。平均点は76~84。80前後。

 

・理科 澤田先生
大問6。物理28、生物18、地学36、化学18。ある程度かたよりがる。
出題範囲は、力のつり合い、光合成、月、金属の燃焼、火山、振り子。
配点の多い地学が計算がいらない、物理分野が難しくないので平均点は高めか。
生物は基礎問題。物理も計算が複雑でなく取りやすい。地学も一般的な知識を問う問題。振り子の問題は、最後に計算問題なのであせってしまった人もいたかも。
平均点は65いってもおかしくない。

 

・算数 吉岡先生
[4]までが基礎問題、特に難しくない、できればノーミスで。間違えた場合は復習を。

[5]データの整理の仕方、作図は円よりも線で処理したほうがわかりやすいか[6]3段つるかめ。補助線はしっかり引く。規則性問題は迷わないこと、書き出すのも一つ。

[8]文章は長いが複雑なことは言ってない。整理したメモにしておく。記述の学校だと部分点になる可能性も。2軸で整理できるか。

[9]約数は素因数の組み合わせ、良問。2020の素因数分解
平均点は前半が簡単なので87~93。

 

・社会 安部先生
軽減税率、消費税、キャッシュレス決算のメリットを確認しておくこと。
地図記号。地理、歴史ともに難易度は高くない。全体として仕上がってきて取れている受験生がおおいのではないか、平均は60点にのるか。

 

4科目平均点予想は288~302

 

最近は、国語:春野先生、理科:澤田先生、算数:吉岡先生、社会:安部先生とある程度解説する先生が固定しています。基本的には国語の物申す春野先生が長くなるので、そこを意識した順番で解説することが多いようです。解説するテストが1つの場合は、時間がかかる国語を最後に回し、今回のように四谷、サピのように2つのテストを解説する場合は、時間がかかる国語が最初にやって最後の社会で時間調整をしているようです。私が言うのもなんですが、4人ともさすがにうまいですね。では。

 


個別塾って選ぶのが本当に難しいです、大事なのは運と人脈(笑)
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村



 

 

 

 

 

 

11/11 20:30更新☆四谷大塚第5回合不合判定テスト 平均点・難易度予想・SNS動向・受験ドクター速報まとめ

 

f:id:jukenlab:20191110175820p:plain

<2019/11/10 21:00更新>受験ドクター予想を更新

<2019/11/10 23:00更新>SNS動向を更新。

<2019/11/11 11:00更新>SNS動向を更新。

<2019/11/11 20:00更新>SNS動向、全体的に更新。 

 

11月10日四谷大塚第5回合不合判定テストが行われました。受験された方お疲れ様でした。今回のテストで志望校を絞り込むという方もいると思います。次回12月で合不合も最後です。
 いよいよ中学受験勉強も最終ステージが近づいてきています。今回の結果を踏まえて志望校選択や今後の学習方針の固めていきましょう。

続きを読む

11/11 20:30更新☆SAPIX 第3回合格力判定サピックスオープン 平均点・難易度予想・SNS動向まとめ

f:id:jukenlab:20191110165927p:plain

<2019/11/10 22:00更新>受験ドクター予想を追加。

<2019/11/10 23:00更新>SNS動向を更新。

<2019/11/11 12:00更新>SNS動向を更新。

<2019/11/11 21:00更新>全体的に更新。

 11月10日は 第3回合格力判定サピックスオープンでした。

テストを受けた方お疲れ様でした。今回のテストで志望校を絞り込むという方もいると思います。次回12月で合判も終わりです。いよいよ中学受験勉強も最終ステージが近づいてきています。今回の結果を踏まえて志望校選択や今後の学習方針の固めていきましょう。 

続きを読む