中学受験の下書き

中学受験を中心に勉強法、過去問、志望校対策、併願校戦略、受験データ分析、模試平均点予想などを行っています。誤字脱字が多めです。

中学受験『受験前日の準備と過ごし方』、やって良いこと悪いことを解説

中学受験における受験本番前日の準備と過ごし方。やること、やらないことに気を付けよう。

いよいよ首都圏の中学受験が1月10日埼玉校を皮切りに始まります。
今まで何年と頑張ってきた結果が数時間の試験で決まってしまうわけです。
今回は、受験前日の準備と過ごし方について解説していきたいと思います。

・受験前日の準備と過ごし方、の前に

 まず私の基本的な考え方として、
「模試は本番のように取り組む、そして本番はいつもの模試と思ってやる」
というのがあります。模擬試験のときから本番と思って取り組むべきですし、逆に本番は特別なことはやらずにいつも通り、平常心でと考えています。

 また、実力以上のものを出すのは難しいので、「実力を出し切ることに専念する」のがいいと考えています。実力を出し切っても届かなかったら仕方ないです。現実として悔しい不合格というのは実力を出し切れないまま終わってしまうことです。

  

・受験前日の準備と過ごし方

これは翌日に受験する学校が前受校か本命校か、合格可能性はどのぐらいかによっても違ってくると思います。

 

-本命校、入学可能性あり
 →体調管理重視、リラックス重視、勉強少な目、早めの就寝。
-前受校、入学予定ほぼなし
 →合格可能性が高いならば、夕方まではいつも通り勉強+夜は体調管理、リラックス、早めの就寝。
 日ごろの勉強のペースを崩さないように、入学予定がない学校のために使う時間は最小限にしましょう。

(1)受験前日の勉強

本命校、前受校、志望順位にもよりますが、ざっくり説明します。
前受け校の場合は夕方以降にの1時間~2時間程度でやるイメージです。

まず前日に何をやってよいのかわからない、という状態はよろしくありません。
日ごろから細切れ時間やちょっとした空き時間にできるものを準備しておくべきで、それを受験の前日やればいいと思います。
今までやってきたものをやることで精神的にも落ち着きます。

・過去問を新規に解くのは禁止
 →点数が悪いと不安が増す、気持ちを上げるのが大変
・まとめノートを見直す
 →日ごろ間違った問題やまとめノートがある場合はそれを見直しましょう。
 良く出るけどいつも間違っている問題がある場合は復習しましょう。入試の前日は頭に入りやすいと思います。
・社会や理科の暗記ものの復習
 →1問1答とか、模擬試験の復習も効果的です。
 知識ものは前日にやるのに有効。負荷少なくやれるというのもいい。
・全科目を短時間でもいいからやるのがいいという人もいます。
・算数の1行問題とか、模試で間違った問題の復習とかもいいです。答えがキレイに出る問題だと解いた後の感触よく終われます。
 国語、理科、社会は知識の確認でいいでしょう。

(2)受験前日の夕食

基本的にいつもと同じで過剰に気を使わなくてもいい。
一応、以下のような感じでどうでしょう?

・なまものとか油がっつりのものは避けてもいい
 →ゲン担ぎでカツとか人気です、無理に食べる必要なし、好きなら食べてもいいと考えます。
 ゲン担ぎとえいば、勝利ということでウィンナーとか、ネバーギブアップといういみでネバネバしたオクラとか。
 いろいろありますが、受験のときに体調を崩さなければなんでもいいぐらいに考えましょう。縁起がいいとか、ゲン担ぎとか疲れる人もいます。
・野菜は多め、消化のよいものを。
・食べ過ぎない。

何を食べるかもありますが、会話などでいつもの食卓と近い良い雰囲気で食事ができるが大事です。
 受験以外の話や、笑いがでるぐらいでちょうどいい。
「あー、落ちたらどうしよう」とか、否定的な言葉は使わないほうがいいですね。

鬼気迫るような雰囲気は避けたい(笑)

(3)受験の準備、持ち物チェック、服装

買い忘れがあると面倒なので、夕方までには必要なものは揃えておくこと。バック詰めるのは夜でもいいでしょう。
天気予報は必ず確認しておくこと
 服装は天気に応じて、臨機応変に変更できるようにしておくこと。
持ち物チェックはこちら→ 持ち物確認は、親子でお互い確認しながらバックに入れるといいです。「えっ、それ持ってきたの?」みたいなのがなくなります。雰囲気も盛り上がりますし、忘れ物も減ります。

(4)受験当日の行動をシミュレーション

・家から学校までの交通機関、鉄道経路、徒歩経路を確認する。
・集合時間・場所の確認
・電車が遅れるなど、アクシデントがあった場合の対応をチェック

・ストリートビューで学校の周りや駅からの経路を確認しておくのもいい。
(注意)親がやること。子供にやらせると、時間がかかるし、疲れさせるので。

(5)入学試験のシミュレーション

科目ごとに時間配分や解き方などをシミュレーションしておくのもいいです。
試験開始の合図、受験番号と名前を書いて、問題を確認から解き始める…という流れを思い浮かべるとかね。
別にやらなくてもいいですけど、やることで落ち着くという人もいますよ。

(6)ホテルに前泊した場合

日ごろと同じように行動する、特別なことは減らそう。
加湿器とかホテルで借りれることもあるし、携帯用のものもある。
なければホテルの部屋でタオル濡らしてかけておくだけでも効果があります。

(7)さいごに

なんだかんだ書きましたが、「いつも通り」が基本です。
あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ、と深く考えなくていいです。
今まで塾でやってきた勉強、模擬試験、ライバルとの切磋琢磨。
その一つ一つが経験となり受験における武器になっています。
いつも通り、実力を出し切れば結果はついてくると信じましょう。


応援クリックしていただくと喜びます。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村