中学受験の下書き/旧中学受験ラボ

おっさんが中学受験について語ったり語らなかったりします。

【合不合直前】首都圏4大模試と四谷大塚合不合判定テストの特徴

イメージ 1


四谷大塚が主催する、合不合判定テストは受験者数が最も多く、
受験者の志望校の範囲も最難関校から中堅校、一般校まで幅広いという特徴があります。

各塾主催の公開模試は大きく分けて以下の2つのタイプがあります。
・志望校によらず、全員が同一問題を受験し結果に応じ合格可能性を判定する模試(名前は主催によって異なる)、合不合判定テストもこれ。
・志望校の出題傾向に合わた問題で、その学校の志望者のみがうける学校別模試


①首都圏4大模試

  以下の4つ。模試によって問題の難易度、受験層は異なる。

(1)四谷大塚『合不合判定テスト』

基礎から応用まで幅広い問題が出る。受験者層も四谷大塚や早稲アカでは必須のテストであり、一般校から最難関校までの志望者が受験する。受験者数、母集団とレベルの多様性から精度も高いといわれる。受験する人数も一番多く、受験者数約20000人。


(2)サピックスサピックスオープン』

サピックス生徒が中心で受験者数は6000人程度。応用問題、思考力を問う問題が多い。難関~最難関の志望者がほとんどで、一般校~中堅校の志望者は少ない。母集団のレベルが高いため、偏差値は他の模試より低くなる。


(3)日能研『合格判定テスト』

生徒数全国一の日能研生を中心として幅広い難易度の問題が出される。日能研の塾生の志望校が一般校~最難関まで幅広いため、受験者の志望校も同様に幅が広い。受験者数約15000人。


(4)首都圏模試(統一合判)

今までの3つの模試は塾が主催でしたが、首都圏模試は塾が主催ではないため中立的な出題、判定が可能。
受験者数は首都圏のみで約13000人規模と首都圏では実質一番受験者数が多いといえる。一般から中堅校に強い模試。基礎問題からの出題が多い。四谷大塚、早稲アカでも一般校~中堅校を受験する生徒はこちらの模試もすすめられます。


四谷大塚『合不合判定テスト』について

四谷大塚のHPにその特長が5つ記載されています。『』内がHPの記載内容です。

特徴1『圧倒的な信頼を誇る性格な合格判定!!
精度の高さは、受験生とその父母、さらには、全国の塾の先生方からも絶対の信頼を得ています

→そうですね、一般的にも問題の質も高く、合格判定の精度も高いと言われています。問題の難易度が基礎から応用にわたり、一般校~最難関までの合格判定が可能。

ただし、以下の学校の合格判定は若干不向きなことがあります。

首都圏以外の学校には不向き。合不合判定受験者内で志望する人が少ない為、精度にばらつきがあります。
四谷大塚偏差値が40以下の一般校には若干不向き四谷大塚、早稲アカが中堅校以上をターゲットにしているため、志望者が少ない場合精度にばらつきが出ます。四谷大塚の偏差値表の一覧に掲載されるのは一定人数の志望者がいる場合です。掲載されていない学校もあります。

首都圏模試は四谷大塚に掲載されていない一般校にも強いので併用することをお勧めします。実際に四谷、早稲アカの生徒でも志望校によっては首都圏模試の受験を勧められます。

また、四谷大塚偏差値65以上の最難関校の場合は実際の受験問題の難易度が合不合問題の難易度よりも高いため精度が落ちる場合があります。これは他の模試でも同様です。学校別判定模試を受験しましょう。

特徴2『同じ志望校の受験生の成績と比較した貴重なデータを提示!
弱点克服領域がわかるから、その対策が徹底的にできます』

特徴3『志望中学校がテスト会場!
入試本番で落ち着いて伸び伸びと実力を発揮。』

→入試会場で選択できる中学校は以下の通りです。少しでも受験を検討している学校があるなら必ず選ぶことをお勧めします。希望しても人数の関係で別会場になることもあります。また、他の模試でも実際の中学校を模試会場にできる場合があります。

例2019年第2回受験可能な学校

聖学院、巣鴨、成城、世田谷学園、会場、都市大付属、共立女子、十文字、
豊島岡、普連土、田園調布学園、吉祥女子、富士見、広尾、日大目黒、三田国際、文化学園杉並、東京電機、八王子学園
森村学園、逗子開成、神奈川学園、神奈川大学附属、渋谷教育学園幕張東邦大東邦、栄東、淑徳与野

特徴4『全国主要中学校の合格判定が可能!
併願校対策はこれで完璧』

四谷大塚の提携校が全国にあり、受験者も全国に広がっているので、全国の中学校の合格判定が可能です。地方校の首都圏会場入試などにも対応します。

ただし、その前に書いた通り学校によっては精度にばらつきがあります。志望校によっては首都圏模試なども併用するのが良い。

特徴5『テスト後に、自宅のパソコンで解説授業が受けられる!
弱点を完璧に補強できるから、学力を飛躍的に伸ばし、ライバルに差をつけることができます。』

→すみません、私はパソコンでの解説授業は見たことがないです。テスト当日にもらう解答冊子の解説が十分丁寧だったのでそれで事足りました。解説授業はテストの翌日正午以降から随時見られるようです。


③【そのほかの四谷大塚 合格判定テストのポイント

・男女別に偏差値がでる

 これは他の模試にはない特徴です。問題は男女で同じですが、偏差値は別に出ます。同じ点数でも女子の偏差値が2から3程度高くでます。
 四谷大塚の偏差値も男女別に集計された結果です。たとえば、開成と桜陰はともに80%偏差値が71ですが、合格可能性80%になる点数は
 必要な点数は開成のほうが10点~20点程高い点数が必要になります。男女間の差は試験問題にもよります。

結果通知
 結果はインターネットで見ることができます、また後日郵送または提携校経由で、紙でも貰うことができます。インターネットでは、素点が翌日月曜日の昼から随時、偏差値、志望校判定はその週の木曜日に出ます。
 
比較的早いと思いますが、この周期に慣れてくると、素点が出てから判定までが長いなぁと思うようになります。

・出題範囲

 試験日までで予習シリーズで勉強した範囲すべてです。カリキュラム進度は四谷大塚のHPにのっています。
 1年を通じて6回の合不合判定テストがありその6回で中学受験全体を網羅するようにできています。ゆえに、前回までに出てない単元が出題される可能性が高まります。ヤマを張るというわけではないですが模試直前の勉強時には意識しておいていいかと思います。

・合不合の偏差値

 組み分けテストより受験者数が多く、四谷大塚の組み分けテストより平均して2程度偏差値が高い値となります。同じ点数でも女子のほうが2~3偏差値が高くなりますので、男子の場合は組み分けより1程度、女子の場合は組み分けより3程度偏差値が高くなります。

・復習を必ずやる

 合不合だけではないですが、復習は必ずやってください。目安は以下の通りです。正答率は偏差値が出るタイミングでわかりますので、正答率が出てから復習しても良いです。

目標偏差値65→正答率30%以上のものは完璧に復習。
目標偏差値60→正答率40%以上のものは完璧に復習。
目標偏差値50→正答率50%以上のものは完璧に復習。
目標偏差値40→正答率60%以上のものは完璧に復習。

得意、不得意など科目にもよりますので、正答率の目安を決め、
科目や分野に応じて目安を自分で決めるとよいと思います。
 
・一般校~中堅校志望者向けの対策と注意点。

対策や注意点はレベルによって変わってきますが、今回は一般校~中堅校志望者向けにごく簡単なアドバイス

国語:論説問題、物語問題は3000文字長い、時間不足に気を付ける。選択肢、抜き出し問題に注力。記述はあらかじめレベルごとの作戦をたてておく、完全に捨てる、埋めるだけ、要素を詰め込んで解答等。

算数:目標点数にもよるが、苦手な場合前半の問題を集中的に解くのがよいと思います。後半は捨ててもよい。後半解くなら前半見直せ。図を書いてみる。

理科:いつも見る問題がいつものように出ます。それだけでもやっておく。水酸化ナトリウム+塩酸。夏の三角形、天体。ホウ酸ミョウバンの溶解度問題。

社会:地理の統計、歴史の江戸時代以降を中心に。暗記ものは直前まで伸びる。前日当日でも知識を1つでも入れいくこと。直前まで諦めない姿勢がが受験全体への粘りをうむ。

合不合判定テストは四谷大塚系の受験生にとってとても最も大事なテストの一つです。難易度バランスが良く同じ形式で6回あります。経験を積むことにより、受験本番でも力を発揮しやすくなります。復習も正答率を見ながら十分に行うことも忘れずに。