中学受験の下書き/旧中学受験ラボ

おっさんが中学受験について語ったり語らなかったりします。

【男子編】2019年入試結果偏差値と第2回合不合偏差値を比較すると意外な発見がある件

イメージ 1
四谷大塚が2019年7月7日に実施した「第2回合不合判定テスト」の偏差値一覧を公表しました。

これを2019年度入試結果偏差値(実際の入試結果)と比較すると偏差値が上昇、下降している学校がありました。その比較結果を見ていくとわかることがあります。(なお、一部の学校は割愛しています)

今回は男子編です。女子編は次回ですかね。

2019年入試結果偏差値→第2回合不合判定偏差値です。
赤は偏差値上昇青は偏差値下降です。
 
〇1月前半
灘  73→72
栄東東大選抜1 65→66
大宮開成特待  54→55
青山浦和ルーテル 午後 43→45
青山浦和ルーテル 午前 44→45
 
〇1月後半
ラサール 63→61
 
〇2月1日 午前
世田谷学園  53→54
巣鴨  52→53
成城学園  49→51

〇2月1日 午後
巣鴨(算数選抜) 60→62
世田谷学園(算数選抜) 59→62
山手学園A  52→54
 
〇2月2日 午前
桐朋  60→61
明大中野 57→59
立教池袋 57→59
法政第二 56→57
巣鴨2  54→55
帝京大2  52→53

〇2月3日 午前
明大明治 60→59
立教新座 58→56
青山学院 58→57(2020年は試験日が2月2日→3日に変更)
学習院 56→55
成城2 52→53
成城学園2 49→50

〇2月4日
芝2 65→64
巣鴨 54→56
世田谷学園 53→54
高輪 52→53
成蹊 50→52

2月3日の上のほうが青、それ以外は赤ですね(笑)
 
偏差値の上下でのポイントは2つあります。
(1)大学進学実績が大躍進した学校の難易度上昇
これは、巣鴨世田谷学園す。この2校は共通点が多く、2019年より午後入試で算数1科目入試を導入した学校でもあります。算数1科目入試が大幅が2上昇していますが、2月1日午前の4科目入試、2月4日の入試でも偏差値をあげています。両校とも、2019年の大学入試で東大合格者数を大幅に伸ばしています。
また、中学入学偏差値にくらべて大学合格実績が優れている『お買い得な学校として名前があがる学校です。

(2)青山学院が2月2日から2月3日に試験日が変更されることによる影響
青山学院が2月2日→2月3日に試験日を変更しており、同じ試験日、偏差値帯となった明大明治立教新座学習院は青山学院に志望者が流れるためか、偏差値を落としています。

逆に青山学院が抜けた2月2日は大学附属校は大激戦が予想されます。
特に同じ偏差値帯で付属校である、明大中野立教池袋、法政と偏差値が上昇しています。2月2日以外にも、偏差値が上がっている付属校が目立ち、近年の付属校の人気は継続しているといえそうです。一方、早慶附属中の偏差値は高偏差値のまま変わっておらず、頭打ち状態にあるといえます。

首都圏の学校では、一部偏差値を落としている学校があるものの、偏差値が上昇している学校数のほうが多く、近年の中学受験ブームは2019~2020年も継続しているといえます。


「参考になったよ」という方は応援クリックお願いします^ ^
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村