中学受験の下書き

中学受験を中心に勉強法、過去問、志望校対策、併願校戦略、受験データ分析、模試平均点予想などを行っています。誤字脱字が多めです。

親がやらせたい勉強と子供がやりたがる勉強は違う

 コロナ関連で学校・塾が休みに入って1週間、なかなか家で大人しくしているのも大変ですね。

 今回はタイトルの通り、親がやらせたい勉強と子供がやりたがる勉強は違うという話。それが原因で言い争いになったりします。 

 子供がやりたがるのは得意科目ですね。算数とか国語とか。あと塾の宿題。塾によっては塾の先生がチェックするので真っ先に宿題をやろうとします。

 ただ塾の宿題は終わらせること自体が目的になっている人が多くいます。宿題をこなす感じでやってしまい、空欄を埋める→〇・×をつける、という学習ではなく、「作業」になりがち。またこなしただけの宿題は身につかず、本人はやった気分になるのでよろしくないですね。

 大量の宿題が出る→終わらない→答えをうつす→宿題をやったことになるが何も身についていない→大量の宿題が出る→以下繰り返しです。当然何も成果がでません。大量の宿題といってもどの先生も適当に数多くの宿題を出すので、4科目ではかなりの数になってしまい、大事な勉強をする時間がなくなります。

 塾の宿題は量が多い場合は塾に相談すればやる量を調整できるので、適切量をやるのがいいとは思いますが。

一方、親がやらせたくて子供がやりたがらないのは復習、あと計算問題、漢字とかの基礎トレーニング。基礎とか復習の大切さは親のほうがわかっています。ミスというのは影響が大きい、それを減らすのは点数をあげるのに効果できです。中途半端な理解では試験では失点しやすいし、新しいものをやるよりは復習のほうが身体的にも、精神的にも負荷が低いということがわかっているから。効果が出やすいという理由もあります。

 ただ一般的に子供は復習したがりませんね、新しい問題を解きたがります。ここら辺が難しいところですが、問題集とかは1回目が集中するべき問題、自分の穴の問題を見つけることで、2回目からが実力をアップされるものだと思っています。

 子供自身が復習の重要性に気が付いてきたら一段階上にいけると思います。

 

今回の話題はここまで。


参考になりましたら、応援クリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

・中学受験リンク集

コロナウイルス休校時オススメ勉強法『算数1教科入試問題にチャレンジ』 - 中学受験の下書き

雑誌の『私立中学のメリット・デメリット』記事がどれだけ本当だったか?を私立中親がホンネで語る - 中学受験の下書き

2021年中学受験、社会の時事問題で押さえる用語『新型コロナウィルス(COVID-19)』 - 中学受験の下書き

各塾のコロナウイルス対応 通常授業・テスト、休校情報 - 中学受験の下書き

合格体験記の読み方を考える。見習うべきなのはAさん?Bさん?【行動に移す動機付け】 - 中学受験の下書き

日経『中学受験「落ちた」を糧に あくまで通過点、長い目で』の記事を深掘り【安浪京子先生】 - 中学受験の下書き