中学受験の下書き

中学受験ブログ。勉強法、過去問、志望校対策、併願校戦略、受験データ分析、模試平均点予想などを行っています。誤字脱字が多めです。

【中学受験】国語の解き方と試験開始直後のコツ【読解記述】

f:id:jukenlab:20201113041125p:plain

国語は成績を上げることが難しく、時間がかかると言われています。たしかにそうですが、試験を受けるときにまずやるべき大事なことがあります。何をやるのが良いでしょうか。

試験開始したらまず解答用紙を見る

以下を一瞬で確認します。問題用紙ではなく解答用紙をまず見ることが大事です。

①大問の数

②記述の数、だいたいの文字数

③書き抜きと選択肢問題の分量

④漢字の出題数

国語は他の科目より、解答用紙から得られる情報が多い科目です。

上の①~④がわかると、おおよその時間配分や進め方を決めることができます。

特に記述の数と文字数の確認は大事です。

解答用紙を見る時間は2-3秒程度でOKです。

 

では、次に国語の問題の解き方とポイントについて

知識問題の難易度

最初にある語句・漢字の問題が難しいときは注意。難しいのは周りの人にとっても同じですが、知識問題の難易度が高いと時間が取られるため、読解問題が最後まで解き終わらない可能性が高くなります。時間配分を気を付けて!

 

時間が足りない!

時間が足りない人は、「読むのが遅い」か「解くのが遅い」かのどちらかあるいは両方。

読むのが遅い人は読むときにストップウォッチで時間を測るようにしましょう。ただし焦って読んではいけません。2度3度読まなくてはいけなくなってしまいます。多少ゆっくりでも1度の読みで済むほうが時間短縮になります。理解度が落ちないようにして少しスピードを上げるぐらいでいいです。

解くのが遅い人

①選択肢の最後の2択で迷ってしまう。消去法で間違っているところを見つけるのに時間がかかる。なんとなくや自分の常識で判断せずに、本文の内容で考える。

②書き抜き問題で目途をつけず本文中を探しに行ってしまう。→目途が付かなかったら一旦飛ばす。

③記述で時間を使う。記述の解答については後ほど。

設問から先に読むやり方は?

時間が足りなくなる人は問題文より先に設問を読んでおくというやり方がありますが、試してみてもいいとおもいます。

・メリットとしては、問われる内容をざっと把握してから本文を読めるので時間短縮につながる可能性がある。

・デメリットとしては、設問や選択肢(当然間違っているものも含まれる)を読むことで間違った先入観が入る可能性がある。

私はあまりこの方法は基本やらないのですが、まわりにやっている人もいるので相性みたいなのがあるかもしれません。

読むスピード 

600字/分ぐらいで読めると読解問題はラクになります。朝日新聞の天声人語が600字です。1分で読んで頭に入っていればスピード面で足を引っ張ることはないと思います。 

速く読むには線で読むというより、ブロックごとの面で読むというイメージです。日ごろから練習する必要があり、試験本番ではやり慣れないことをやってはいけません。

 

できる問題から

どんな試験でもそうですが、国語でもできる問題から手を付けます。
漢字、知識問題が最後にまとまっているテストもあります。時間がかかる記述は最後に回しましょう。 

キーワードを見つける

論説文では特にですが文章のキーワードを見つけることが大切です、繰り返し出てくる言葉が文章全体のキーワードになっていることが多いです。そのキーワードを意識して各設問に解答しよう。

記述問題はレベルによる

記述問題の空白は避けたいところです、レベルにもよりますが、わからない場合でも本文のキーワードから部分点狙いで何かかけるようにしときましょう。

①設問の内容に正しく答える必要があります。

「どういう人が説明しなさい。」→●●という人、●●な人。

②記述に比喩表現や具体例は使わない。→ 一般化された文章を使って解答する。ただし、「具体例を挙げて説明しなさい」、のような指示があるときは例を使ってOK。

③いきなり解答を書きはじめると重複した記述になったり書いて消してを繰り返して時間がなくなったりします。一度、書くパーツ(要素)をいくつか決めた上で書き始めたほうが字数も合わせやすいし内容もまとまる。


「参考になったよ」という方は応援クリックお願いします^ ^
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村