中学受験の下書き

中学受験を中心に勉強法、過去問、志望校対策、併願校戦略、受験データ分析、模試平均点予想などを行っています。誤字脱字が多めです。

【中学受験】大学合格実績に力を入れている学校の特徴


 中学受験生の親としては志望校を決めるに当たり、進学実績はどうかというのが気になります。そこで今日は進学実績・大学合格実績に力を入れている学校の特徴についてお話します。

自由型・管理型での分類では管理型の学校が多い

 進学実績が伸びている学校は大半が管理型です。宿題もでるし小テストも頻繁にやります。長期休みや放課後の補修や成績が振るわない場合のフォローアップも丁寧に行われることが多かっありします。
 学校としてそういう生徒サポートに熱心です。先生としては大変だと思いますが。。。
 このような学校は「面倒見が良い」学校とも言われます。管理型というより面倒見が良いのほうが語感がいいですね。 実際、入学偏差値が高くなくても丁寧にコツコツやっていけば大学受験のときには上位レベルの大学への進学が見えくることも多いです。
 

学校説明会で進学についての情報が多い

 洗足学園は大学の合格者の人数だけでなく、学校内の成績の上位から下位までの大学受験の結果、進学先を冊子にして配布していました。また合格者数ではなく、実際の進学先に言及しているところは進学先を重視しているといえます。
 東大に何人入った、国立医学部に何人入ったということよりも、学校の上位~下位までの実際の進学先とかが知りたいのではないでしょうかね。
 ボリュームゾーンの進学先について学校説明会で言及しているかもポイントになります。

カリキュラムが練られている

 海外研修、留学制度や語学教育、アカデミックなプログラムの設置など。ネイティブスピーカーによる語学授業とか。 教育意識が高い親、子が興味がありそうなカリキュラムを準備しています。

論理的思考力やプレゼンテーション能力を鍛える

大学合格実績には直接関係ないように思えますが、将来的必要になるスキルを事前に読み取って教育する学校は大学合格実績も伸びやすい傾向があります。この手の教育はやる側からすると面倒だったりもするので、ひと手間かけた教育を行うかどうかは大事な点といえます。

 

学校説明会が熱い

 進学実績に力を入れようというところはまず良い受験生を取りたいと考えるので学校説明会からやる気が違う、ように思います。
 何校か行ってみると、この学校はやる気があるなぁというところが見えてきます。

「ガツガツしている」といってもいいかもしれません。

入試制度に幅がある

 進学実績に力を入れようと考えた場合、レベルの高い生徒に入ってきてほしいので、
 午後入試、教科数を絞った入試、回数が多いなど、入試制度に幅がある。
これらのことにより中学入試の受験生が集まる
 →中学入試の偏差値が上がる
 →ポテンシャルのある子が入り、伸びる
 →大学進学実績も上がる
 →中学入試の受験生が集まる
 →以下、繰り返し。

共学別学

共学が人気ですが、学力を伸ばしてくれた学校ランキング、のようなものだと別学のほうが伸びる傾向があるようです。勉強により集中できるとか、別学のほうが指導がしやすいともいわれています。

志望校を選ぶ際、偏差値や大学の合格実績を気にする場合が多いと思います。進学に力を入れている場合でも、国公立合格が多い、早慶が多い、MARCHが多いなど学校により特徴ががあるのでそこを見極めた上で学校を選ぶほうがよさそうです。

付属校で内部進学が減少傾向の学校

東京電機大附属など、付属校でありながら内部進学が減少傾向の学校、元々内部進学率が低い学校は外部の学校に目が向いているといえます。学校として外部受験をする人だけのクラス編成にするなど外部受験をサポートする仕組みを導入しているところもあります。

どうして大学合格実績が高いのかを確認

大学合格実績が高い学校の場合、どうしてそうなっているのを考察しておく必要があります。

単に入学時の生徒の学力が高いからなのか、英語が得意なインターナショナルコールの生徒が実績を作っているのか、入学後伸びる生徒が多いのか?

また合格実績を見る場合には、文系・理系どちらが多いのか?国立大学に強いのか?早慶に強いのか?を確認しておきましょう。意外なことが見えてくるかも。

卒業生を出していなかった学校の進学実績にも注目

例えば2015年に共学化して校名変更した三田国際や開智日本橋は、2020年現在校名変更後の卒業生がまだいない状態で、2021年に初めて卒業生を出します。変革に取り組んできた学校の最初の成果ともいえるので注目です。

学校説明会に行くこと

いろんな学校の学校説明会に行くと学校の違いが見えてきまので、いろんなタイプの学校の説明会に行くのがおすすめです。そうすることにより、自分なりの学校を見る「ものさし」が出来てきます。他人の評価や雑誌からではなく、自分のものさしができるこことは大切なことだと考えます。

 

今回はここまで。読んで頂きありがとうございました。

 ↓ ↓ ↓ 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

・中学受験リンク

『二月の勝者-絶対合格の教室ー 』8巻の黒木先生と桜花ゼミ生の志望校 - 中学受験の下書き

中学受験で「勉強しても成績が下がる」夏のNG勉強法を7つあげてみた【夏期講習2020】 - 中学受験の下書き

大手塾の中学受験費用が年々値上げしてる気がするから調べてみた【6年前と比較】 - 中学受験の下書き

【御三家】大学の合格数ではなく進学数を公開する武蔵高等学校が男前すぎる - 中学受験の下書き

【中学入試国語】過去3年でよく出題された論説文・説明文ランキング【1位~6位+注目作品】 - 中学受験の下書き

受験者数日本一の栄東中が2021年中学入試方針とコロナ影響を語った件【問題傾向/3密/入試日/ソーシャルディスタンス】 - 中学受験の下書き

「~学園」と「~学院」の違いは何? 信念?思想?【桜蔭学園・女子学院】【栄光学園・聖光学院】 - 中学受験の下書き

【進学校vs付属校】大学付属に合格できる力があるなら、進学校に行けばもっといい大学入れる説を徹底検証!【志望校選び】

【中学受験】話題先行のあの学校がどうやら本気であることが判明!近年台風の目の可能性【三種の神器】 - 中学受験の下書き