中学受験の下書き

中学受験を中心に勉強法、過去問、志望校対策、併願校戦略、受験データ分析、模試平均点予想などを行っています。誤字脱字が多めです。

『中学入試は算数で決まる』というのは本当か?受験者平均と合格者平均を11年分調査した。


『中学入試は算数で決まる』というのは本当か?

中学受験でよく言われることとして、「中学受験は算数で決まる」と言われます。これを実際の入試データから考えてみようという話です。

データで使うのは人気校の浦和明の星。浦和明の星は入試データとして受験者平均と合格者平均のデータを学校HPに掲載しています。手元にあるデータと合わせて2010年~2020年のデータが集計してみました。

学校HP:http://www.urawa-akenohoshi.ed.jp/ 中学入試データ→入試結果

浦和明の星の入試は2回入試

浦和明の星は1月12日と2月4日に試験を行います。
・第1回入試は1月12日で、女子御三家を受験する生徒が併願校として受験し、2000人あまりが受験することから有名となっていましう。受験者数、合格者数ともに多いので、倍率は2倍程度ですが、受験者層のレベルはかなり高くなります。

・第2回入試は2月4日で、首都圏中学受験では後半戦になります。受験者数は第1回と比べると少なくなりますが、募集人数もさらに少なくなるため、熱望者による入試となります。倍率は5-6倍程度と激戦となります。

配点は第1回、2回ともに国語100点、算数100点、理科50点、社会50点と、理社の配点が少ないタイプです。この配点は結構多く、難関校では、武蔵、巣鴨、雙葉、豊島岡、栄東A,B、慶應中等部、渋渋、早稲田実業などがあります。

 

合格者平均と受験者平均

合格者平均と受験者平均の差を科目ごとに計算したデータがこれ。

f:id:jukenlab:20200901035459p:plain


差ができやすい科目はやっぱり算数

10年分x2回分の入試結果の平均を見ると、合格者平均と受験者平均の差が大きいのは、算数で14.9点となっています。次に国語の差が7.0点、理科4.7点、社会3.1点です。算数は他科目より合格者と受験者の得点差が大きくなり、差がつきやすい科目といえます。

合格者平均と受験者平均の差を科目ごとに並べると

算数(14.9点)>>国語(7.0点)>理科(4.7点)>社会(3.1点)

となりました。2010年~2020年の11年分の第1回入試、第2回入試全てでこの並びです。安定度がスゴイ。

算数の占める割合は50%

4科目の合格者平均点と受験者平均点の差は29.6点、そのうち算数の占める割合は50.1%と約半分になっています。

つまり、合格者平均と受験者平均の差は、国語、理科、社会、3科目足して、ようやく算数の差と同じです。

配点だけみると、算数は、300点中の100点と33%ですが、合格者、受験者の得点率の差では50%分、つまり入試の半分は算数で決まってしまうと考えることもできます。

『中学入試は算数で決まる』と言われるのはこのように配点比以上に算数では合格者平均と受験者平均で差がつきやすく、合否に直結するというのが大きな理由になります。

 

国語+算数の占める割合は74%

次に、算数+国語の割合を確認すると、平均で73.7%と7割強が国語と算数で決まってしまいます。理科と社会の配点が高くないこと、得点でも差がつきにくいことから、
算数だけで50%、国語+算数で74%が決まってしまうことになります。

算数を他の科目でカバーする場合

算数を他の科目でカバーすることを考える場合、なかなか大変ですが、配点の高い国語が得意科目であることが必須でかつ、あと国語の平均点が下がることが望ましいです。浦和明の星は国語が高得点勝負になるのでそれが緩和される可能性が出てきます。理社の合格者平均点と不合格者平均点の差は理社合わせて8点しかなく、理社での逆転は難しいと考えらえます。

まとめ

浦和明の星の場合、国語が高得点勝負となる特徴があり他校より差がつきにくい傾向があり、より算数1強が際立つ形となっていますが、やはり算数が最重要科目であり、算数で決まる傾向があるといえます。

 

「参考になったよ」という方は応援クリックをしていただけると嬉しいです。