中学受験の下書き

中学受験を中心に勉強法、過去問、志望校対策、併願校戦略、受験データ分析、模試平均点予想などを行っています。誤字脱字が多めです。

「塾、対面指導ないのに授業料は徴収 減額してもらえる?」問題【朝日新聞】


 今日の朝日新聞デジタルに「塾、対面指導ないのに授業料は徴収 減額してもらえる?」かという面白い記事がありました。

対面授業なしで減額しない問題

質問「対面授業がなくなり、テキスト送付と動画配信になった。対面授業がないのに、授業料は全額引き落としされるのは納得いかない。減額できないの?」

回答 弁護士が回答。ざっくりまとめると、「減額などは困難」

①塾側が履行すべき義務ができない状態(履行不能)になっているかがポイント。
②質問のケースは、塾側としてテキスト送付や解説動画配信など困難な状況の中でできるだけの対応を行い。塾側の義務は一応は履行されている。履行すべき義務をしていないと主張するのは困難。
③塾側の提供するサービスの質が低下していることは否定できないとしても、緊急事態宣言に伴うやむを得ないものと考え、塾側に落ち度があるものではない。

→損害賠償や、授業料の返還、減額請求も困難。

裁判で減額させることはできない…

裁判で訴えて、損害賠償や減額を勝ち取るのは難しいようです。

ただ「授業料全額とるの?、1回も行ってないのに、動画の質は悪いし…」といいたくなります。別の塾ではもっと寄り添った対応をしてくれているところもあるのに、と思ってしまいますよね。

 塾代については対面授業がない場合、SNS上でも授業料についていろいろな意見がでます。「減額すべき」という意見や「減額を考えるとはセコイ」とか、「月謝はテキスト代と考えている」とか。ただ、塾側に「十分な授業が提供出来ないとしても私達の落ち度ではないので100%料金を頂きます!」と主張されると残念な気持ちにはなりますね。ここら辺は気持ちの問題というか… 経営的な観点や総合的な顧客満足度を考えると、保護者のそういうイライラを回避する施策を取ってもよかったと思いますが、なかなか難しいのでしょうかね?(例えば、四谷大塚とかは校舎ごとにオンラインでやる基礎力テストのランキング争いみたいなのをやっていました。)

 日能研は5月の月謝を25%減額し、後の月に振り替える対応をしました。経営的には決断だったと思います。大手でも返金したところ、しないところ。zoom対応できたところ、遅れたところ、できなかったところとさまざまでした。他の塾よりも対応が÷いとそれ自身もストレスになってしまいます。

 6月からはどの塾でも分散を取り入れた部分的な対面授業がはじまります。受験まではまだ時間がありますので、返金しなかった塾はその分の責任を持って指導に当たって欲しいですね。

緊急事態宣言解除後の各塾の動向

密を避けながらになりますが、対面授業が始まります!

・四谷大塚   5/27より対面再開
・サピックス  6/1より対面再開。クラスを半分に分け。授業時間も半分に。
・早稲アカ   対面と双方向Webを選択可能。
・日能研       6/5より対面再開。6月前半は、クラスを半分に分け、zoom授業組と対面授業組に1週ごとに交代。6月後半は、対面授業、zoom、動画の3択から選ぶ。

今日、オープンになったのが日能研の情報。なかなか高評価です。

詳細はこちら

読んでいただきありがとうございました。応援クリックをお願いします。

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

・中学受験リンク

【中学受験】2021年中学入試の変更点とその傾向について語ってみた

日本初!「スマホ持ち込みOK入試」どうなったか?入試問題レビューしてみた。

コロナ騒動が中学受験2021へどのような影響を与えるかについて

勉強・体格・スポーツ等の遺伝的影響力を数値化。数学87%・収入59%・音楽92%・マリファナ61%… - 中学受験の下書き

文科省が自治体に通知。高校入試「出題範囲、配慮を」←これにしれっと中学入試も入っている件 - 中学受験の下書き

三田国際学園中高のZoomによるオンライン遠隔授業について【教員も在宅】

『小学生がえらぶ!第2回"こどもの本"総選挙』ランキングベスト10を紹介