中学受験の下書き

中学受験ブログ。勉強法、過去問、志望校対策、併願校戦略、受験データ分析、模試平均点予想などを行っています。誤字脱字が多めです。

浦和明の星が合格発表、得点関連の統計データが予想通り過ぎる件【埼玉最難関女子校】

f:id:jukenlab:20210117001709p:plain

今日1月16日に浦和明の星、第1回の合格発表が行われ、合否と受験者平均得点、合格者平均得点が発表になりました。去年もこれに関する記事を書いているのですが、今年の浦和明の星第1回入試得点データも予想通り(=今までの統計情報と同じ)すぎて、やっぱりなぁと思ってしまった、というのが今回の話です。 

 

今年の浦和明の星第1回入試の振り返り

受験者数、倍率など

2021年は今日発表されたデータです。

  出願数 受験者数 合格者数 実質倍率
2021年入試 1977 1925 974 2.0
2020年入試 2098 2053 1061 1.9

去年比で、出願数、受験者数、合格者数ともに減っていますが、実質倍率は去年の1.9倍→2.0倍と高くなっています。気になるのは受験者の減少以上に、合格者をより絞って倍率が高くなったということです。

合格者数を減らして定員は埋まるの?

志願者数1977名は前年より減ってはいますが、過去10年間で見ると2020年、2019年につぐ3番目に多い人数です。合格者数も2020年、2019年よりは少ないですが、過去10年でみると4番目に多い人数なので入学定員枠は埋まるとの判断だと思います。また埼玉在住の志望順位が高い受験生が増えている話もあります。

もしコロナ影響で、入学手続きに進む合格者が少なくなる場合、予想外に増えた?場合には、2月4日の第2回受験の合格者数と繰り上げ合格(例年20~40名)で入学者人数を調整することが可能です。

過去の浦和明の星関連の記事

浦和明の星の学校紹介・入学試験などの詳しすぎる解説→

【中学受験2021】埼玉最難関女子校『浦和明の星』の詳しすぎる解説 - 中学受験の下書き

入試での受験者平均、合格点などの統計情報の話がこちら

浦和明の星、受験者得点・合格者得点について~『中学入試は算数で決まる』というのは本当か? - 中学受験の下書き

2020年浦和明の星の合格発表後『やっぱりそうだった』と思ったこと

この2つの記事内で以下のことを書いています。

例年の傾向

科目ごと合格者平均と受験者平均を比べると、得点差の大きな順で

 算数>国語>理科>社会の順番になっており、過去10年間で行われた全ての入試でこの順番になっており、「例外は1回もない」。

  算数(14.9点)>>国語(7.0点)>理科(4.7点)>社会(3.1点)

4科目の合格者平均と受験者平均の差は29.6点

 そのうち算数が占める割合は50.1%、また数+国語が占める割合は73.7% 

全体として『算数のが占める割合が高く、算数(次いで国語)で決まる入試であると言えます。理社での逆転はほぼ無理。』

数字はなんとなくで次に進みましょう。

2021年 浦和明の星入試第1回のデータ

今度は1/16に学校HPで発表された2021年度第1回のデータを見ます。

https://www.urawa-akenohoshi.ed.jp/ →入試結果

 

  国語 算数 理科 社会 合計
2021年合格者平均 74.3 75.3 32.7 42.1 224.3
2021年受験者平均 68.8 61.4 28.2 39.6 197.9
合格者平均と受験者平均の差 5.5 13.9 4.5 2.5 26.4

では、今年のデータと、先ほどの過去10年の平均のデータを比較しましょう!

①科目ごとの合格者平均と受験者平均の差を比較

 上が2021年第1回の差、下が過去10年の平均

 2021年第1回の平均→ 算数(14.9点)>>国語(7.0点)>理科(4.7点)>社会(3.1点)

 過去10年間の平均  → 算数(13.9点)>>国語(5.5点)>理科(4.2点)>社会(2.5点)

→順番は今年も完全一致、得点差もほぼ同じ!!

そりゃ過去22回連続で同じ順番だからなかなか外さないなぁ

②『合格者平均と受験者平均の4科目の差』

 2021年第1回の平均→26.4点 

 過去10年間の平均  →29.6点

→これも、ほぼ同じ!!

『合格者平均と受験者平均の4科目の差のうち算数の占める割合』

 2021年第1回の平均→52.7% 

  過去10年間の平均  →50.1%

 →これも、ほぼ同じやん!!

『合格者平均と受験者平均の4科目の差のうち算数+国語の占める割合』

 2021年第1回の平均→73.5% 

  過去10年間の平均  →73.7%

→全部、ほぼ同じやん!!

結果として、全部ほぼ同じとなりました。

…という話で、ちょっと面白いなと思ったのでご紹介しました。なんかすみませんw

結論

浦和明の星入試で、受験者平均、合格者平均の差は毎年似た傾向になる可能性が高い。

浦和明の星入試は、算数で半分、算数・国語で74%決まる、理社での逆転は難しい!

でした…

 

「参考になったよ」という方は応援クリックお願いします^ ^
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村